忙しい人のダイエットにおススメ

自分が痩せていないのは、時間がないから。そんな言い訳を日ごろから言っている人におススメしたいのが、「ヒルズダイエット」の「パステルゼリー」です。ダイエット食品の中で1位を獲得したゼリーです。期待できますね。またこのゼリーを食べた人の98%が美味しいと感じているそうです。こんな魅力的な「パステルゼリー」ですが、魅力はそれだけではありません。とても手軽に食べることが出来るのです。ゼリーに牛乳を混ぜるだけです。これならどんなに忙しい人にでも大丈夫ですね。忙しい人は、外食が多く、またコンビニのお弁当やパンなどで、食事を済ませる方が少なくありません。そのような食事は比較的高カロリーであり、脂質が多いものです。そんな食事ばかりしていると、自然に体に脂肪がついてきます。そして体重が増えてしまいます。これは大変不健康な食生活ですね。ダイエットなどとても無理でしょう。そこでおススメしたいのが先に挙げた「パステルゼリー」なのです。牛乳に混ぜるだけで、牛乳のたんぱく質やカルシウムと共に、ゼリーには栄養がバランスよく含まれていますから、これを1食にすることで健康な体になっていくことでしょう。その上、ダイエットが出来るのです。「ヒルズダイエット」の「パステルゼリー」は、忙しい現代人に正におススメのダイエット食なのです。

名古屋のキャビテーションでダイエット!

ダイエットスープというと、何か特別なスープなのでは?と思う方もいらっしゃるのではないかと思いますが、特別な食材が入ったり、作るのに時間がかかるということはありません。市販のレトルトやドライタイプのスープを使ってアレンジしても簡単に作ることができます。

身近にある野菜を好きな味付けで柔らかくなるまで煮込むだけです。ただし、穀類、イモ類は炭水化物なので使わないようにする、また油は極力少なくするということを心がければいいのです。

おすすめの食材はキャベツ、ニンジン、セロリ、ピーマン、タマネギ、トマトですが、海藻やキノコ類を入れたり、春雨、コンニャクなどを足してボリュームアップしてもかまいません。

毎日お味噌汁を作っているなら、お豆腐やワカメのお味噌汁に、これらの食材を足せば具だくさんのダイエットスープになります。

また、このスープを味をつけないで大量に作っておいて、食べるたびにカレー味にしたり、豆乳や植物性の生クリームで洋風にしたり、春雨やお豆腐を足してとろみをつけて中華風にしてもおいしそうです。

寒くなったら、鍋でアレンジしてもいいですね。魚や皮を除いた鶏肉などを足しても立派なダイエットスープになります。冬は毎日でも鍋メニューにしているという方なら、抵抗なくできるのではないでしょうか。

7日間脂肪燃焼ダイエットは7日間だけ厳しいルールのもとで行います。この場合、急激な減量が期待でき、多くの人がダイエットできたと実感しています。

この厳しいルールをきっちり守るのが難しい人や、急激な減量を望まない方は、通常の毎食の食事に野菜スープを取り入れていく方法が効果的です。スープは具だくさんの味噌汁でも良いのです。

また、寒くなると鍋を食べる機会が増えると思いますが、お肉や炭水化物を避けて野菜を汁とともにたくさん摂るようにすればいいでしょう。

市販のスープがたくさん出ていますが、野菜を足して食べることで簡単にスープダイエットができます。様々な味のスープがありますから飽きることなく続けることができます。

市販のスープを使う場合は、カロリーや含まれている材料を確認しましょう。
油やイモ類、豆類などの炭水化物類がたくさん入っているものは避けましょう。

ダイエットスープの効果を高めるためには、なるべく手作りした方がいいのですが、手作りしなくてはいけないというプレッシャーが強くなるとストレスになって、ダイエット効果が低下してしまいます。

手作りできないときや、手作りスープが無くなってしまった場合などは、市販のスープを利用しましょう。

手作りスープでも市販のスープでも少しアレンジすれば、ダイエット効果がアップしたり、味が変わって食べることが楽しくなります。

例えば、いつものスープに生姜のすりおろしを加えたり、唐辛子を加えて煮込めば、スパイシーで食も進みますし、体が温まり新陳代謝がアップして脂肪燃焼に繋がります。

また、カレーパウダーや味噌も味を変えるのに有効な調味料です。
スープで置き換えダイエットをする場合などは、豆腐や春雨を加えたりするとボリュームがアップします。

カロリーの少ないコンニャクやキノコ類、海藻を加えると事で満腹感を得られることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>